デリヘルではフェラこそが醍醐味!

フェラチオなくしてヘルスなし

 

「ヘルスに本番なし」誰が何というおうと基本的にファッションヘルス・デリヘルにおいては本番は禁止事項でございます。

 

すると世の殿方はどうやって満足するか、手コキやスマタもございますが、ヘルスにおいてのサービスの基本はやはりフェラチオに尽きるのではないかと思う所であります。

 

多少容姿が残念な女の子に当たってもフェラがウマイと「ああ、ヘルスに来てよかったな!」と思えるの事があったと思えば、ルックス100点満点、フードルともてはやされる嬢のひょっと面のようなフェラ顔にそれまで芽生えていた恋にも似た感情がスーッと醒めていったりすることもしばしば。

 

デリヘル嬢のフェラ

 

ヘルスにおいては、フェラにはじまりフェラに終わるといっても過言ではありません。

 

 

フェラのウマイ姫は口以外もキチンとつかっている

 

 

フェラのウマイ・ヘタはようは「気持ち良いか」「気持ち良くないか」のコレに尽きるのですが、女性側がフェラにおける舌使い、唇の動かし方、スピード、手のサポートなどのいかにバリエーションを持っているかに尽きるかと思います。

 

アソコへの刺激の好みは男性の数だけあり、例えば機械のような正確さで100人に同じフェラをしたとしても気持ち良いと感じる男性は半分にも満たないはずです。

 

フェラの上手な嬢に関してはお客の様子を見ながらバリエーションを選択し、気持ちいいポイントを探り出しています。

 

ただ激しく頭を上下に動かせば気持ちいいのだろうと思っている嬢は舌使いのバリエーションも貧層、これらの嬢に当たったときは射精どころかアソコが痛くなるなんてこともあります。

 

男性もまかせっきりにするのではなく、「俺は最初ここをゆっくり、イクときはこういう感じがいいな」と事前にリクエストするのもよいでしょう。

 

↓気持ちよさそうなフェラ動画集(動画エロタレストへジャンプします)

http://movie.eroterest.net/?word=%E6%B0%97%E6%8C%81%E3%81%A1%E3%81%84%E3%81%84%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9

 

嬢としても無駄な労力が省け、男性としても確実に気持ち良くなれ双方がハッピーに。恥ずかしがらずにしっかり伝える事も風俗を楽しむうえで大切です。

 

 

即尺で王様気分

 

 

最近ではデリヘルなどにおいても「即尺サービス」を提供するお店が増えてまりました。

 

即尺というのは読んで字のごとく、出会って「即」「尺八(フェラ)」というサービス。

 

 

「はじめまして?●●子ともうします?。今日はよろしくおねがいしますね」

 

 

と言ったと同時にベルトに手をかけてイチモツを取り出したかと思うと、フェラが始まるという、お前はモテ男か?!はたまた王様か!?という気分が味わえます。

 

↓即尺参考動画

http://www.yorutomo.net/kanto/gotanda/delitsuyakamata/exp_movie_211.html

 

ごあいさつして、お喋りして、シャワーを浴びてから・・と段階を踏まないと裸も見られないというのはではなく、問答無用にプレイが始まるためにシャイな男性にもうれしいですよね。

 

ところがひとつ注意がいるのはチェンジ必須のブサイク嬢に限って、チェンジ阻止のためにドアをあけたと同時に股間に頭突きをくらわさんばかりにつっこんできて咥えようとする嬢もおります。

 

この際プレイが始まってしまうとチェンジができなくなりますので、即尺アリでもどんな子が来るかわからないようなお店の場合は注意いたしましょう。

 

 

熟女店には伝説のフェラテクを持った女性も

 

 

歯が無い女性のフェラは超絶至高の快感、なんていう伝説もあります。

 

かつて吉原にはわざわざこのテクを披露するために総入れ歯にしていた女性がいたとか。さすがに現在においてわざわざフェラテクのために総入れ歯にしている女性というのはなかなかおりませんが、熟女店などに稀に在籍する50代?60代の超ベテラン嬢などには前歯が全部ない、総入れ歯であるなどのある意味「特異体質」の嬢が在籍していることもございます。

 

何が悲しくて率先しておばあちゃんに咥えられにいかなくちゃならないの?とお思いでしょうが、口内障害物を一切廃したフェラチオに最適の口腔環境にプラスして熟年の舌づかいには悲しいかなムスコはフルボッキ、そして自分の意志に反してまでもビュルルと射精してしまうというのですから驚きです。

 

以前ススキノでついたソープ嬢は彼氏のDVで前歯が上下とも入れ歯になっている嬢。歯ぐきフェラを初体験したのですがコレがすごい・・・固くもあり柔らかくもありと言葉にするのが難しい快感でした。

 

非常に気持ちがいいので「すごいわ!気持ちいいよ!」とねぎらったところ、歯の無い顔で「あひがとふ(ありがとう)」といわれガッチガッチになったアソコがシュルシュルと萎えたことも・・・やはり色々な意味で歯は大切ですね。