デリヘルを含めた風俗は性病が怖いって聞くけれども・・・

性病をまき散らしているのは風俗?

 

「性病が怖くて風俗にいけるか」

 

「性病にかかってこそ一人前の風俗マニア」

 

などという声も世間でチラホラ聞きますが断言していいのはこういうことを言う輩に限って一度も性病にかかった事がないのでしょうね(苦笑

 

ワタシ自身お恥ずかしい話ですが10代で童貞を失い、40代の半ばになろうかという今までで4回も性病をもらっておりますww

 

その性病はどこでもらったのかといいますと風俗でもらったのはケジラミのたったの一回。残りの三回はテレクラや出会い系といった「素人」を相手にしたときにうつされました。

 

風俗に性病リスクはないとはいいませんが風俗で働く女性は非常に病気のリスクを恐れ予防に努めている人が多く、また店なども感染症を防ぐためのさまざまな策がデフォルトで整っております。

 

ソープにおける性行為でのコンドーム使用、デリヘルなどのプレイの前にイソジンをつかった消毒、性病検査や本番の禁止などがこれにあたります。

 

性病テスト 風俗

 

そういったハードルが一切ない俗にいう素人売春のほうが実は何十倍も性病の感染リスクが高い事を覚えておきましょう。

 

といいますか、ホント出会い系でナマOKなんていう女性は危険です、一時の快楽のせいで悲惨な思いをするのはアナタですよ!!

 

とにかくつらいコンジローム治療

 

これまでかかった性病の内訳はケジラミが2回、ヘルペスが1回、そして一番しんどかったのが尖圭コンジロームという性病です。

 

ヘルペスも40度近く熱が出てリンパが腫れてエライめにあいましたが、コンジロームに関しては1年間セックスや風俗がおあずけになり、せっかくこれまでつなぎとめてきたセフレやらエッチさせてくれるオネーチャンまで失うハメになりましたので最悪の経験でした。コンジロームという病気は簡単に言えば性器にイボができる病気です、ウィルス性のイボができるのですがコレが非常に広がるのが早く、発症したなとおもったときにはあっというまにカリフラワーのようにペニスがイボだらけになってしまいます。

 

閲覧注意
尖圭コンジローム参照URL:http://magic-age.wixsite.com/std-photos/condylomata

 

そのさまは自分のイチモツであるにも関わらず非常に気持ち悪い生物のようでして、切り落としたくなるほど・・・とてもじゃないですが人に見せたり触らせたりできる状態ではありませんので、セックスなどもってのほか、オナニーする気すらなくなります。←これリアルです。。。トイレに行っておしっこをする度にテンションが下がります。。。

 

この病気の治療には、レーザーメスによるイボの切除、液体窒素による焼却、塗りくすりによって治していくしかありません。

 

一番痛みを伴わないのが塗り薬ではございますが、これはできたイボの種類によって一切効果のない場合もありその際は肌荒れだけを伴う苦痛に襲われます。

 

実際自分にできたイボにもまったくこの薬が効果がなく3カ月続けてもペニス周辺がアレてヒリヒリ痛むだけだったので液体窒素の焼却による治療に切り替わりました。

 

自分が通っている総合病院の泌尿器科ではどういうわけか診察を受けるたびに医者が変わる当番医制でして10か月ほど治療に通いましたが述べ20人近いお医者さまに自分のペニスをみせるハメになりました。

 

液体窒素による治療も非常に痛みを伴うものでつらかった記憶があります。

 

この治療というのは液体窒素でヤケドをさせて皮膚組織を壊すというもので「治療」と銘打ってはおりますがようはヤケドというケガを負わせるのものでございます。

 

参照治療画像

コンジローマ治療

 

 

アソコの痛みがどういうものか理解できないためか、女遊びで病気をもらっている野郎への懲らしめなのかは知りませんが女医さんがこの治療にあたる場合は毎度容赦がなくて激痛・激痛・また激痛でございました。

 

思い出すだけで今でもアソコがシュウウウウと小さくなるほど、2度とかかりたくない病気でございます。

 

実体験をまとめると

 

2万円弱ぐらいのお金を使いたくないからといって簡単に素人のやりマンとやって性病になるぐらいだったら、ビジネスとして管理されているデリヘルを含めた風俗で遊んだほうが断然安心度は高いって事です!最近の店舗は口コミだったりを気にするので徹底的に性病テストをしているので、変な話案震度は実際の彼女より高いかもしれませんね(笑